映画とカウンセリング

映画を年間に20本近く観ますが、映画館に行って、臨場感・躍動感
が「じっくり」味わえる鑑賞を私は好みます★

さて、心身の健康作りに、栄養・運動・休養とした3つの区分がある
ことをご存知でしょうか。映画鑑賞で味わう感情移入体験は、こころ
の運動(喜怒哀楽)にあたるのかもしれません◎

カウセリングの場では、「共感」と「同情」の違いを理解した上で、
クライアント(患者)からの転移攻撃を冷静に対処するためにも、
自分の感情を客観的に処理する能力が求められます●

実際にあった話ですが、

「痛々しいリストカットの手首を見せる人」
「自分の首をしめた話をする自虐的な人」
「風俗で働く依存症の人」

などなど、日常では驚くような方々(患者)を目の前にしますが、
自分の感情を動揺させては「仕事」になりませんからね●

セラピストは、平等で肯定的な態度を保つためにも、臨床の知識を学ぶだけでなく、日常においても意識しながら話したり、振る舞いを推し量って行動しようと心がける必要を感じます(職業病かな?)が、自分の感情を失うことではありません▼

人は「やじろべい」のように揺れ動く中で心身の健康を維持していることは以前お話した通り?カウンセラーに限らず、普段自分の感情を抑制することが多いとしたら、感情の抑制を開放する時間も必要ですね。映画を楽しむことは、そのバランスを得る良い機会なのではないかと思った次第です○

※臨床心理学を勉強する大学の中には、「映画」を教材にした授業に取り組んでいるところがあると聞きましたが、各年代の発達段階にある人生の悩みに際して、その課題に向き合う人間を描いた映像を観ることは、浄化作用(カタルシス)があるのかもしれません◆

カウンセリングの語源

カウンセリングの語源をご存知でしょうか?心理カウンセラーを名乗る方でしたら、ロジャース(Rogers,C.R)の登場によって、心理療法を受けているという事実を軽く受け止めたい気持ちから、これをカウンセリングと呼ぶようになったと説明されるでしょうが、この言葉はかなり曖昧で多様に使われているのが現状です●

広辞苑によると悩みや問題を解決するため、精神医学・心理学等の立場から協力し助言を与えること。個人指導、身上相談とも記されていますが、指導や相談とした言葉は、心理療法を志す方でしたら区別する必要があると私は思っています。

ロジャースは、神学校で神学を学んだ後、心理学の世界に入ったという経歴の持ち主のため、治療者がもつべき資質として、「無条件的尊重」や「共感的理解」など、まるでキリスト教のような教えと思想が色濃くでている背景から、クライアントには、指示をしない療法(非支持的療法→後に来談者中心療法)が始まったことが基点としていますので、助言、指導、相談とした指示的な言葉を当てはめる広辞苑の説明には解釈の違いがあります○私だけかな?

カウンセリングという言葉は、聖書による言葉(counsel of perfection)が語源で、「すすめる」や「助言する」という意味が、現在のカウンセリングのあり方と重なりますが、人間には潜在的回復能力が備わっているのだから、それを引き出すには、指示を出すのではなく、現実傾向(生きる欲求)を解放させればよいとした考えは、それまで医師を中心とした精神分析による治療に対して、大きな変化(インパクト)となった歴史があり、今日の語源の多様化に結びついているのではないかと私は理解しています★

資格と役目



心の問題を扱うとした点では、医師もカウンセラーも共通しているのですが、有する資格の面からは、大きな違いがあります。ご承知の通り、医師は国家資格持っていなくてはなりませんが、カウンセラーは特に資格がなくても開業することができるからです○

もちろん、心理職にある多くのカウンセラーは、法人(省庁管轄)や学会が認定する資格を有していることが、一般的であると考えられますが、何れにしても国家資格でないため、病気を治すとした視点ではアプローチすることができないとした区別がなされているので、カウンセラーを名乗るならば医師法に抵触しないよう、最低限の知識を理解していないと、開業は難しいでしょう●訴えられないためにもね!

心の病に対して、医師(心療内科・精神科)が薬物を処方して治療にあたるのが一般的ですが、心理職にある人は、薬を出すことはできませんので、治るのはあくまでも結果で、病気にかかった人として見るのではなく、問題を抱えた人と見て、その課題を乗り越えるためのサポートをすると言って良いでしょうか?

つまり、カウンセラーは、「治す」よりも「見守る」といったスタンスで、患者(心理職にある人の多くはクライアントと呼びます)が抱える悩みを解決するために、心理療法などのテクニックを用いて、援助サービスする役目を果たしていると説明されます。

カウンセラーの肩書き

○×カウンセラーとした肩書きがやたら多い世の中ですが、カウンセラーと付いた職業の方々は、皆「カウンセリング」を実施しておられるのでしょうか?

私は、心理カウンセラーを名乗っていますが、心理学の世界で言うカウンセリングとは、広い意味での心理療法的な関わりを示す言葉として使われますので、多義多様に便利な言葉として利用されることには、違和感を持っているからです★

例えば、心理カウンセラーは、ご相談とカウンセリングの違いを理解することが、心理療法を扱うカウンセラーの素養として、大事な点と考えています■

つまり、ご相談はその道の専門家が自身の経験や知識によってご相談者に明確なアドバイスや知識を提供することで、解決の方法を示す役目を期待しますが、心理療法としてのカウセリングは、非指示的(アドバイスをしない)である場合が多く、解決の方法は、ご相談者(クライアント)自身が知っているとした姿勢で傾聴しますので、ご相談とカウンセリングは区別されるものと理解しているからです★

大学を出たばかりのカウンセラーが社会経験や人生経験が浅くても、心理カウンセラーを肩書きとしてカウンセリングを実施できるのも、そのような理由であるのですが、キャリヤカウンセリングや離婚カウンセリングを請け負う場合には、多少なりとも社会経験や結婚経験があった方が望ましいかもしれませんね。

カウンセラーと肩書きを持つ方でしたら、何れの職種であっても対人援助サービスであることには、違いないでしょうから、円滑な人間関係(対人コミュニケーション)には、カウンセラーの人間性や気づきなど、心理学の一部でもあるコミュニケーション術を学ぶことは、必須でないかと考えます◎

心理カウンセラーになる

カウンセラーになるためにどのような勉強が必要だとお考えですか?

私は、「心理カウンセリング」を専門としていますが、その方法や肩書きは様々で、これから、カウンセラーになりたいと希望される方に少しでも指針となるような情報をお伝えできればと考えています◆

さて、カウンセリングと聞いて、どのような印象をもたれていらっしゃるでしょうか?心理カウンセリング・スピリチュアル カウンセリング・メンタルヘルス カウンセリング・キャリア カウンセリング・離婚 カウンセリング・セックス カウンセリングなどなど、●●カウンセリングを取り上げたら、数多くの役職を見ることがあります★

最近は、江原さん、三輪さんが出演するTV番組の影響もあってか「スピリチュアル カウンセリング」をイメージする方も増えてきましたが、オーラを見る特殊な能力を前提とするならば、限られた方しか習得できないと思いますが、何方でもなれるものなのでしょうか?

スピリチュアル カウンセリングでネット検索すると成城学園を場所にレイキヒーリングを実施しているカウンセリングルームが検索されましたが、レイキヒーリングとスピリチュアルとはどのように区別されているのか?とんと理解できませんが、関連するサイトを眺めると、臼井式としたレイキ療法は、セミナーの修習によって習得が可能だったり、オーラ視・オーラヒーリングを通信講座で受講できるようです○

そう言えば、霊気を扱うセラピストの大半は「インチキ」だと、三輪さんの言葉が印象的でした。講座の受講でどれだけの能力を習得できるか不明ですが、生まれながらにして霊的能力を感じる方以外は、お薦めできないと私は思いますが、如何でしょう◎